fc2ブログ
2024-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2015.08.31 (Mon)

Meiji Seimen ☆ 明治製麺

~カリフォルニア・グルメ日記 その270~

毎日焼けつくような日差しと暑さが続く。
8月ももう終わり。この季節もあとわずかであろうか。

さて今回は久々の和食店の紹介を。
ハンバーガーやステーキが美味しいといっても、
やはり一番しっくりくるのは出汁が効いた和食である。

毎日の献立は和食中心ではあるが、
香り高いうどんや蕎麦はなかなか家庭では作れないもの。
そういう時に重宝するのがこちらのお店。

明治製麺

明治製菓と関係があるのかと疑問に思いつつ、
未だに聞き出せていないのが現状である。
店内はこじんまりとしていて、
懐かしい日本のヒット曲が流れており、
日本にいるのかと錯覚してしまうほどである。
meiji.jpg

カウンターも4席あるが、そのうちの1脚は足がガタガタ、
もう1脚は座席がカウンターテーブルに対して異常に高く、
自分の座高が高すぎるのではないかと錯覚に陥るほどであったと記憶する。
4席のうちの2席であるから、安定した椅子を確保するのは難易度が高い。
カウンターでキメたい人は要注意である。

壁のお品書き。手作り感満載でかわいらしい。
meiji9.jpg
meiji1.jpg

うどん、そば以外に一品料理も充実しており、
居酒屋として利用することも出来る。
麺類だけでは物足りない時に少しつまめる物があるので良いと思う。
meiji6.jpg

さてこの日いただいたのは・・・
meiji7.jpg
かす蕎麦 $8.50

「かす」とは牛の腸を揚げたもの。
じっくりと揚げてあるので脂っこくはなく、臭さもない。
コリコリとした食感が面白く、
柚子の風味が効いて美味しい一品。

定番。
meiji3.jpg
天ぷらうどん $10.00くらい

写真の普通サイズも良いが、大きい海老バージョンもあり、
そちらの方が天ぷらを食べた気になるのでおすすめ。

うどんのお供。
meiji2.jpg
いなり寿司 $3.00くらい

他に丼やカリフォルニアロールなどもある。

そして・・・
meiji8.jpg
鍋焼きうどん $13.00くらい

海老天ぷら、鶏肉、卵など具沢山で
これ一品だけで満足できる。
秋から冬にかけては最高であろう。

麺類は出汁が決め手であるが、
明治製麺の出汁は日本の店とひけをとらない美味しさ。
ラーメンもなかなか美味しいので記述しておこう。
私が好きな1軒である。

Meiji Seimen (明治製麺)
1113 Baker St
Ste E
Costa Mesa, CA 92626
(714) 545-5175


10:29  |  カリフォルニア・和食  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2015.08.23 (Sun)

Tandoori India Cuisine ☆ タンドーリ・インディア・クイジーン

~カリフォルニア・グルメ日記 その269~

ハワイではインド系の人を見かけることは少なく、
それに比例してインド料理を提供する店は限られていたので、
日本に帰省した際にインド料理を食べてしまったことがあるくらいだった。

変わってカリフォルニアではインド料理店はたくさんあり、
多くの店でお昼には10ドル程度で食べ放題のバイキングが提供されている。
ある日に行ったのが、こちらのモール。
以前にレポートしたペルーとキューバレストランもこの敷地の中にある。

ほぼレストランで占められている

キューバ料理も捨てがたいが、この日はカレーを食べてみることにした。
in7.jpg

店内は狭く、入ると右側にビュッフェの料理が並べられ、
みんな黙々と料理と戦っている様子であった。
in4.jpg

料理の品数はそんなに多くないが、
タンドリーチキンや6~7種類のカレー、サモサなどが
お行儀よく並んでいて、どれも食欲をそそるビジュアルである。

この日の料理は・・・
in1.jpg
左から白米、ほうれん草のカレー、タンドリーチキン、サラダ、野菜の天ぷら、真ん中はチキンカレー。

どの料理も馴染みのある味ばかりである。
タンドリーチキンはしっかりと窯で焼かれて香ばしく、
肉もしっとりとしてウマイ。
カレーも辛くはなく非常に食べやすい味に仕上げられている。

焼きたてのナンはテーブルまで持って来てくれた。
in2.jpg
ナンはイマイチ・・・

そして・・・
in3.jpg
ターメリックライス、サモサ、野菜の煮物?、カレー、豆のカレー

カレーに反して、野菜の煮物はめちゃくちゃ辛く、
少し食べただけでヒーヒー言いそうなほどである。
サモサは小ぶりなので食べやすい。
今回のカレーより前回分の方が個人的には好みであった。

どの料理もスパイスがふんだんに使われているが、
組み合わせの違いで味に変化が出て、
違った味わいになるのがインド料理のすごい点であろう。
たくさんの種類の料理を一度に味わえるのはビュッフェならでは。

食後のお口なおしはデザートで。
in5.jpg
左はライスプディング、人参のデザートと謎の物体

キールと呼ばれるライスプディングはお米と牛乳で作られたもの。
材料を聞くと少しギョッとしてしまうが、
牛乳の素朴な甘さが香辛料で疲れた口の中をさっぱりとさせてくれる。

人参のデザートはグラッセを潰したようなもので、
人参臭さが全面に出ており、これは私には合わなかった。

一番気に入ったのが、栗を思わせる謎の球体。
in6.jpg

確かチーズボールと説明書きされたいた記憶があるのだが・・・
栗だと思い込んでいたが、栗ではなく、
冷たいと思い込んでいたのに暖かく、
全てにおいて期待とは全く違ったお菓子であった。
はんぺんのようなフワフワの団子を甘いシロップにつけこんであり、
何だかこれがいくらでも食べられそうなほど美味しくて、
すっかりハマってしまった。

カレー以外の料理も充実していて満足できたランチであった。

Tandoori India Cuisine (タンドーリ・インディア・クイジーン)
3940 Bristol St.
Santa Ana, CA 92704
714-850-9945
California


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

にほんブログ村
布哇(ハワイ)の食べ歩きにて候

03:38  |  カリフォルニア・エスニック  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2015.08.09 (Sun)

El Pollo Loco ☆ エル・ポヨ・ロコ

~カリフォルニア・グルメ日記 その268~

土地柄、カリフォルニアにはたくさんのメキシコ人が暮らしており、
それに比例して数多くのメキシコ料理店がある。
以前暮らしていたハワイではそんなに見かけなかったし、
ファーストフードもタコベルくらいしかなかったと思う。

カリフォルニアではタコベルよりも
はるかに見かけるファーストフード店はエル・ポヨ・ロコ。
カリフォルニア、ネバダなどを中心に400店舗を展開している。
店名は英語ではCrazy Chicken の意味らしい。


店名からお察しできると思うが、この店のメインはチキン。
カウンターの奥の厨房にあるグリルの上には、いくつもの鶏が並べられている。
鶏を焼く香ばしいニオイが外まで漂っているから、お腹がすいている時には要注意である。
el3.jpg
手際よく注文の品を作る店員さんたち

以前は商品を間違わないためだろう、名前を聞かれていたが、
最近はこんな秘密兵器を導入したようだ。
el2.jpg
料理が出来上がるとブザーが鳴る仕組み。

しかし、めちゃくちゃ狭い店なので呼び出しブザーが必要なのかどうかは定かではない。

待っている間にサルサなんかを容器に入れておくことにする。
毎日手作りしてるよ!とのことだが、
トマトがあまり好きではない私には、
ここの生のトマト風味溢れるサルサはキツイ。
なので、アボカドのソースをいただくことにする。
el4.jpg

いくつか食べた料理を紹介しよう。
まずは・・・
el5.jpg
何だかよくわかりません・・・ $6.00くらい
el6.jpg

焼いてほぐしたチキンをトルティーヤで巻いたもの、
そしてトマトライスとゆでたブロッコリー。
上にかかっているソースはBBQなのか?謎な料理である。
しかし、ブロッコリーの量が多すぎやしないだろうか?
やっつけ仕事感満載の一品である。

我々には一番馴染み深いメキシコ料理。
el7.jpg
Tacos Combo $500くらい

タコス。
el8.jpg
皮は柔らかい

焼いたチキンに玉ねぎとパクチーがどっさり。
グリルされた鶏の香りが良く、いくらでもいただけそうである。
これはウマイ。
チップスと飲み物付きでけっこうお腹がいっぱいになる。

そして・・・
el9.jpg
Chicken Tostada $6.00くらい

揚げたトルティーヤが容器になった丼。
下にはトマト風味のご飯が入っており、
その上にチキン、アボカド、豆、玉ねぎ、パクチー等がのっている。
アボカドソースをかけていただく。
ライスはケチャップご飯のような味で、馴染みがあってなかなか口にあう。
容器になっているトルティーヤを割って食べるが、
揚げてあるせいか、くどくて途中で飽きてしまった。

最後は・・・
el10.jpg
Chicken Enchiladas $6.00 くらい

トルティーヤの中にチキンとチーズ等を入れて焼いたもの。
冷めていたし、焦げ目が苦くて、はっきり言ってまずかった。

個人的な感想であるが、
上記の料理を改めて見ると、料理の名前や姿は違っていても、
使っている材料はほぼ同じで、味もほとんど変わりがないように思う。
ただ、店で焼き上げている鶏は美味しくて、
これはファーストフードの粋を越えているだろう。

タコスやブリトー以外に、もっと違うメキシコ料理もあるはずだから、
今度は違うレストランでいろいろ試してみることにしよう。

昔、日本にも同じ店名のチキンがメインのファーストフード店があったらしいが、
この店だったのだろうか?
既に撤退しているそうなので、詳しい事はわからないだろうが・・・

El Pollo Loco (エル・ポヨ・ロコ)
1941 Harbor Blvd
Costa Mesa, CA 92627
(949) 646-4493


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

にほんブログ村
布哇(ハワイ)の食べ歩きにて候

04:04  |  カリフォルニア・メキシカン  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2015.08.03 (Mon)

Yigah Restaurant ☆ イガー・レストラン

~カリフォルニア・グルメ日記 その267~

アーバインにある、ダイアモンド・ジャンボリー。
大きなモールだが、その店舗のほとんどがアジアの飲食店で占められている。
この辺りでは珍しく、週末は夜遅くまで営業しているのがありがたい。

多くの人でにぎわう


日本勢のくら寿司やココイチカレーも入居しているが、
この日は美味しいスープが食べたくて、
韓国料理店に向かう。
soup6.jpg

テナントの中でもひときわ地味な印象のこの店。
店員さんはすべて熟女であり、
制服の派手なピンク色のシャツが浮いている気がせんでもない。
お世辞にも愛想は良いとは言えず、
最低限のサービスが受けられるといった感じだろうか。
soup4.jpg

まずはお約束の小皿の登場。
キムチだけで、他のお惣菜は出てこない。
soup2.jpg
辛い・・・

soup1.jpg

待つことしばし。
ぐつぐつと煮えたぎったスープの登場である。
soup3.jpg
Galbitang (Shori Rib Soup) $12.00くらい

大きな骨付き肉がゴロッと入ったスープ。
肉は甘酢のようなタレをつけていただく。
よく煮込んであるので、肉は柔らかく骨からすっとはずれるが、
ステンレスの箸はツルツルすべるし、
いかんせん肉が熱くて食べるのに一苦労。
soup5.jpg
ウマイ

スープは牛の旨みがふんだんに出ており、
脂っこさはなく、さっぱりといただける。
うーん、美味しい。

そして・・・
soup8_20150803023150e3a.jpg
Bibimbap $12.00 くらい

我々に馴染みのあるビビンバは、
バランスよくたっぷりの野菜が摂れるのが魅力である。
ナムルの味付けも良く、コチュジャンをからめて食べると最高。
最後までアツアツの状態で食べられるのが良い。

低料金でボリュームもあり、コストパフォーマンスは良い。
スープは寒い夜などにはうってつけのメニューだろう。
接客が良くないのが、この店の唯一残念なところである。

Yigah Restaurant (イガー・レストラン)
2750 Alton Pkwy
Ste 105
Irvine, CA 92606
(949) 475-0011

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

にほんブログ村
布哇(ハワイ)の食べ歩きにて候

03:12  |  カリフォルニア・韓国  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2015.07.26 (Sun)

Jersey Mike's Sub ☆ ジャージー・マイクズ・サブ

~カリフォルニア・グルメ日記 その266~
中古車店で見かけた車。
こんなに目立つ色ならきっと事故も悪さも出来ないであろう。
piz8.jpg
ギンギラギンにさりげなく~♪

アメリカに来て日本より美味しいと思うのはサンドイッチとサラダ。
双方とも具材とソースのバリエーションが豊かであり、
特にサンドイッチは日本のおやつ感覚の薄いものとは違って、
豪快に頬張れるところが非常に良い。

ここカリフォルニアでは個人営業の店からチェーン店まで
たくさんのサンドイッチの店があり、
今日は私が好きなチェーン店のものを紹介してみたいと思う。

ジャージー・マイク!

調べてみると、1956年創業、現在全米に750店舗以上あるのだという。
店内は長い作業カウンターと2人がけのテーブルが3つあるだけの、質素なもの。
mike3.jpg
カウンター左側。奥はソーダマシン
mike2.jpg
カウンター右側。

写真の右側、ショーケースの中には長いハムとチーズが保管されており、
注文後に客の目の前で店員さんがスライサーでこれらのものを切り落とし、
サンドイッチを作ってくれるのである。

これは実に素晴らしいパフォーマンスであり、
食べる側にとっては賞味期限がどうであれ、
新鮮なハムなのだという実感が沸いてくる。
mike1.jpg

パンにスライスしたハムとチーズをはさんだ後は、
野菜類のトッピングをしてくれる。
種類は多くないが、サブウェイのように野菜とピクルス類が用意されているので、
そこから好きなものを入れてもらう。
私はいつもレタスと玉ねぎのみ。

そして忘れてはならないのが、オリーブオイルとワインビネガー。
店員さんによっては大量すぎて心配になるほど振りかけてくれるのだが、
本当にこれが・・・美味しさの秘訣になっているのだ。

その後2つに切り分けてくれて、紙にくるっと巻いて出来上がり。
mike4.jpg
包み紙がかわいらしい

今回いただいたのは・・・
mike5.jpg
The Original Italian Mini  $6.00くらい

サンドイッチは10種類くらいのメニューがあり、
正直これまで味(中に入っているハム)の違いがわからなかったのだが、
今回のはイタリアンというだけあって、サラミとぺペロニの風味のおかげで個性的な味になっていた。
サラミは時に後味が悪くなる印象があるが、ハムとチーズとのバランスが良く、
先ほど記述したビネガーの酸味とひんやりとした野菜のおかげで、
さわやかなサンドイッチに変身しているのである。

中身だけではなく、パンがまた美味しいので、一言書いておこうと思う。
硬すぎず、そして柔らかすぎず、ちょうど良い具合のもので、
あれだけビネガーとオイルをかければ水分を吸って型崩れしそうなものだが、
このパン、全くしなっていない。
たまにカチカチのパンが出されて、
口の中を切ったり血豆が出来て、流血事件並みのとんだ目に遭ったりもするが、
ここの場合はそんな心配はしなくても良い。

まさに見た目もお味も良いサンドイッチ店なのである。
あー、また食べたい。

Jersey Mike's Sub (ジャージー・マイクズ・サブ)
16525-G Von Karman Avenue
Irvine, CA 92606
(949) 955-2400


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

にほんブログ村
布哇(ハワイ)の食べ歩きにて候



02:46  |  アメリカン  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)
<<PREV  | ホーム |  NEXT>>