FC2ブログ
2018-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.12.28 (Mon)

Bhatti Indian Grill ☆ バティ・インディアン・グリル

~ニューヨーク・グルメ日記 その275~

絶対に一度は見ておきたかった自由の女神。
移民の象徴として、昔からアメリカに渡って来た人々に力を与えていたのだという。

自由の女神像はリバティ・アイランドという小さい島に建っており、
近くで見学するには船に乗って上陸しなければならない。
curry13.png
バッテリー・パークより乗船

これは前売り券を購入していたので、
エンパイア・ステート・ビルに比べると短い時間で乗船することができた。
祝日とあって、見学者の数たるやすごい。
curry12.png

3階建ての船に乗り込む。
甲板、座席もすでに人でいっぱい。
運よく座席を見つけられたので着席すると、
ほどなくして船は出発、
マンハッタンのビル群を後にし、しばらくすると見えてきた!
curry11.png

乗客の多くが甲板に向かい、一斉にカメラのシャッターを押す。
後でチェックしてみたら、ここでも人の頭ばかりが写真に写っていた。

リバティアイランドに上陸すると、
目に飛び込んでくるのは高層ビルのマンハッタン。
curry10.png
夜もきれいだろう

その後はひたすら自由の女神。
像までたどり着くのに想像以上に時間がかかった。
curry9.png
後ろ
curry8.png

curry7.png
正面(人と比べてみると大きさがわかります)
curry6.png
真下

像の台座の中に入ることが出来たが、
ここでもまたまた魔の階段。
エレベーターはあったものの、動いていない様子であった。
今回で勉強になったことは、
ニューヨーク旅行にはかなりの体力が必要、ということである。

レモネードを飲んでしばらく休んだら、
また同じ船に乗って帰路につく。
帰りの乗船にはめちゃくちゃ並ぶ羽目になり、
すこしうんざりとしてしまった。

マンハッタンに戻ると、もう昼ご飯の時間はとうに過ぎている。
適当に歩いたところで食事をすることにし、
入ったのはちょっと格好良いこの店。
curry.png

この界隈はインド人街のようで、
ファーストフード感覚のものから、高級店まで、
インド・パキスタン料理店がひしめきあっている。

レストランはさほど大きくはなく、
かなりの人がまだ食事を楽しんでいるようだった。

すぐに提供されたのはインド風のおせんべい。
curry4.png
塩味がほんのり効いている

客も従業員も全てインド系と思われる人たちだったので、
かなり浮いている気がする・・・
curry3.png

この日いただいたのは・・・
curry1.png
Naan $2.95 & Rice $2.95

curry2.png
Tandoori Murgh $9.95 & Mushroom Butter Mmasala $13.95 

前菜としていただいたタンドリーチキン。
ほどよい程度のスパイスと、肉の旨みと肉汁が口いっぱいに広がる。
窯で焼かれているため、肉は柔らかく食べやすい。

驚いたのがマッシュルームのカレー。
大きなキノコの裏にカッテージチーズが詰め込まれており、
淡泊なキノコに味わい深さとボリュームを与えている。
ソースは甘みのある、さわやかなトマト味。
こんな美味しいベジタリアンカレーは初めてである。
ナンも焦げ目が香ばしく、もちもちした食感で美味しかった。

下調べをせずに入った店が、かなりヒットするのはとても嬉しい。
この日は思いがけず、
久しぶりに美味しいインド料理を食べられて幸せであった。

今回でニューヨークの旅・第1弾は終わりだが、
どの店の料理も美味しくいただけた。
やはり世界有数の大都市だけあって、レストランのレベルも高かったと思う。

Bhatti Indian Grill (バティ・インディアン・グリル)
100 Lexington Ave
New York, NY 10016
(212) 683-4228


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

にほんブログ村
布哇(ハワイ)の食べ歩きにて候

スポンサーサイト
12:27  |  ニューヨーク  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://hawaiitabearuki.blog.fc2.com/tb.php/279-9ce55e74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。