fc2ブログ
2015-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2015.07.26 (Sun)

Jersey Mike's Sub ☆ ジャージー・マイクズ・サブ

~カリフォルニア・グルメ日記 その266~
中古車店で見かけた車。
こんなに目立つ色ならきっと事故も悪さも出来ないであろう。
piz8.jpg
ギンギラギンにさりげなく~♪

アメリカに来て日本より美味しいと思うのはサンドイッチとサラダ。
双方とも具材とソースのバリエーションが豊かであり、
特にサンドイッチは日本のおやつ感覚の薄いものとは違って、
豪快に頬張れるところが非常に良い。

ここカリフォルニアでは個人営業の店からチェーン店まで
たくさんのサンドイッチの店があり、
今日は私が好きなチェーン店のものを紹介してみたいと思う。

ジャージー・マイク!

調べてみると、1956年創業、現在全米に750店舗以上あるのだという。
店内は長い作業カウンターと2人がけのテーブルが3つあるだけの、質素なもの。
mike3.jpg
カウンター左側。奥はソーダマシン
mike2.jpg
カウンター右側。

写真の右側、ショーケースの中には長いハムとチーズが保管されており、
注文後に客の目の前で店員さんがスライサーでこれらのものを切り落とし、
サンドイッチを作ってくれるのである。

これは実に素晴らしいパフォーマンスであり、
食べる側にとっては賞味期限がどうであれ、
新鮮なハムなのだという実感が沸いてくる。
mike1.jpg

パンにスライスしたハムとチーズをはさんだ後は、
野菜類のトッピングをしてくれる。
種類は多くないが、サブウェイのように野菜とピクルス類が用意されているので、
そこから好きなものを入れてもらう。
私はいつもレタスと玉ねぎのみ。

そして忘れてはならないのが、オリーブオイルとワインビネガー。
店員さんによっては大量すぎて心配になるほど振りかけてくれるのだが、
本当にこれが・・・美味しさの秘訣になっているのだ。

その後2つに切り分けてくれて、紙にくるっと巻いて出来上がり。
mike4.jpg
包み紙がかわいらしい

今回いただいたのは・・・
mike5.jpg
The Original Italian Mini  $6.00くらい

サンドイッチは10種類くらいのメニューがあり、
正直これまで味(中に入っているハム)の違いがわからなかったのだが、
今回のはイタリアンというだけあって、サラミとぺペロニの風味のおかげで個性的な味になっていた。
サラミは時に後味が悪くなる印象があるが、ハムとチーズとのバランスが良く、
先ほど記述したビネガーの酸味とひんやりとした野菜のおかげで、
さわやかなサンドイッチに変身しているのである。

中身だけではなく、パンがまた美味しいので、一言書いておこうと思う。
硬すぎず、そして柔らかすぎず、ちょうど良い具合のもので、
あれだけビネガーとオイルをかければ水分を吸って型崩れしそうなものだが、
このパン、全くしなっていない。
たまにカチカチのパンが出されて、
口の中を切ったり血豆が出来て、流血事件並みのとんだ目に遭ったりもするが、
ここの場合はそんな心配はしなくても良い。

まさに見た目もお味も良いサンドイッチ店なのである。
あー、また食べたい。

Jersey Mike's Sub (ジャージー・マイクズ・サブ)
16525-G Von Karman Avenue
Irvine, CA 92606
(949) 955-2400


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

にほんブログ村
布哇(ハワイ)の食べ歩きにて候



スポンサーサイト



02:46  |  アメリカン  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)
 | ホーム |  NEXT>>